×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


(スポンサードリンク)

最近、サラ金業者からの督促が増えてきました。返せなくなった借金を、家族にバレずに解決するにはどうすれいいのでしょうか?



バレずに借金問題を解決!
質問者の写真A
家族にバレずに債務整理をしたいのですね
解答者の写真B
はい!家族に内緒で!!
質問者の写真A
まずやることは、あなたの借金が支払不能になっていないかチェックすることです。
解答者の写真B
なぜですか?
質問者の写真A
もし、支払不能になっていたら、自己破産による債務整理を選択しなければならないため、裁判所の手続き上、世帯収入や手持ち資産の公開などが必要になるため、家族にバレてしまう恐れがあるからです。
解答者の写真B
支払不能になっているかどうかの分かれ目ってなんでしょうか?
質問者の写真A
一応の目安としては、収入・財産・信用等の能力を考慮して、3年から3年半以内で借金を分割して完済できない場合が支払不能の目安になります。
解答者の写真B
具体的に、借金の総額が給料のどれくらいですか?
質問者の写真A
そうですね。借金総額が月々の手取りの20倍以上であれば、おおよそ支払不能と言えますね。
解答者の写真B
え!手取りの20倍ですか?
質問者の写真A
しかし、仮に手取りの20倍を超える借金があっても、公務員や大企業に勤めていらば、安定した収入が見込めますので、サラ業者と交渉すれば、自己破産手続きをしなくてもすむ場合があります。
解答者の写真B
家族にバレないようにするには、支払不能になっていないかどうか調べることなんですね。
質問者の写真A
そうです。
解答者の写真B
じゃ~、どこで支払不能かどうかを判断をしてもらえばいいんですか?
質問者の写真A
知り合いの弁護士か、近くの弁護士事務所に相談してみればどうですか。
解答者の写真B
知り合いの弁護士はいませんし、近くの弁護士事務所だと、すぐに噂が広まりそうで…。
質問者の写真A
それだったら、弁護士サイトで債務整理の相談窓口を利用してはどうですか?
解答者の写真B
ネットって個人情報とか大丈夫なんですか?
質問者の写真A
その点は大丈夫です。匿名で相談できる仕組みになっていますから。
解答者の写真B
匿名でいいのなら安心ですね。
質問者の写真A
しかも、24時間無料で相談に乗ってくれますから、今すぐにでも気軽に相談できますよ。

(スポンサードリンク)



≪参考資料≫
家族も業者もあなたの借金がなくなるのを望んでいる!
借金は借りた人と貸した人の自己責任である、と言いました。しかし、家族は違うのです。子供は違うのです。
家族がいる場合は、自己責任では済まないのです。
どんな子供であろうと、自分の身体、経済、両親が脅かされている環境を望んで生まれてくる子はいないでしょう。
あなたの借金のおかげて子供は苦しんでいます。
借金のために必要なものが買えない、借金の取り立ての電話がバンバンかかってきて、落ち着いた生活ができない。それは無計画か無謀な計画で借金を増やし、整理の決断を遅らせたあなたの責任です。業者は十分な利益をあなたから、もしくはあなた以外の他のお客から得ています。業者であれば、損金として処理すれば税金が安くなるというメリットがあります。
実は、業者としてもズルズルと返されるか返してもらえないかわからないままの状態でいるよりも、むしろさっさと整理にかかって欲しいのです。
借金整理は家族を守るため、自身の尊厳を回復するための自分自身との「闘い」なのだと理解してください。



家族を巻き込まない、不幸な人を増やさない
返済が追いつかなくなったとき重要なことがあります。
それは「決して家族を巻き込まない」ということです。
この先、返済を続けていけるのか、冷静に検討してみてください。消費者金融から連帯保証人や抵当権設定を求められた場合、商エローンや銀行から追加保証を求められたら、よく考えてみましょう。
借金を続けなければ維持できない生活は真実の生活でしょうか?
見えであり、虚飾であり、非現実なのではないでしょうか?
返済計画は立ちますか?
返済計画を立ててみて、親、兄弟、親しい知人に相談してみてください。公的機関が実施している無料相談を受けてみてください。
借金を膨らませた人の多くは現実が見えていないことが多いのです。冷静な第三者に相談して意見をもらうことです。
今、借金しなければ維持できない生活、事業ならば、将来も同じこと。いつかは必ず破たんします。収入の範囲内で生活すること、無借金経営。これが好・不景気に関わらず、健全な生活、成功の秘訣です。
もちろん、住宅購入や新事業立ち上げなど、借金をしなければならない場合もときにはあるでしょう。しかし、それ以外では借金は避けるべきです。

このページの先頭へ